耐震性・耐久性を高め安全性を確保し、公共の福祉を増進することを目的とする日本構造物補修技術協会 | トップページ

電話番号:03-6324-3418
構造物で補修で命を守る

日本構造物補修技術協会(JSRTA)・会長のごあいさつ

東日本大震災から5年が経ち,九州で地震が発生しました。「28年熊本地震」は活断層のずれによるもので、震度7の地震が2度発生するという想定外の地震でした。

地震による死者のうち木造家屋の倒壊による圧死が最も多いと言われています。
倒壊した住宅は既存不適格の住宅以外にも、施工不良や経年劣化による住宅も多数あります。10万人以上の人が避難生活を余儀なくされています。

日本列島はいたる所に活断層があり、何時何処で地震が起きてもおかしくない状況です。
耐震性のない住宅、約900万戸の耐震改修が急がれます。地震が発生する前に欠陥住宅を補修して命を守ることが大切です。

日本構造物補修技術協会(JSRTA)・事業案内

■この会は、建設物等における構造物の劣化防止のための調査研究を行い、建設物等の耐震性と耐久性を高め、その安全性を確保し、
 公共の福祉を増進することを目的とする。
  • ●建設物等の構造部の劣化防止ならびに耐震性・耐久性を高めるための方法、その他に関する調査研究および安全性の確認
  • ●研究発表会の開催
  • ●会誌および研究成果等の刊行
  • ●文献・資料の収集および活用
  • ●教育の復興および技術の指導
  • ●後援会・講習会・展示会・見学会などの開催、その他の広報活動
  • ●建設物等の構造補修技術者の登録
  • ●その他、この会の目的達成に必要な事業

入会の申し込み方法【期間】2014年6月から2015年5月31日まで

(一般社団法人)日本構造物補修技術協会 〒132-0013 東京都江戸川区江戸川2-36-5
  • 03-6324-3418
  • 03-6328-9097
会員特典 ■講習会の無料 ■講習会などの行事のご案内 ■講習会技術者資格試験の受講ができます。■機関誌(JSRTA)の無料配布
このページのトップへ戻る